FC2ブログ
龍馬さんの故郷高知から、オーセンティックバー「クラップス」より、地元のこと、
お酒のこと、カクテルのことをお届けします。
2013/08«│ 2013/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2013/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
02:41:39
9月7日(日)、高知青年会議所60周年記念式典並びに懇親会がありましたので出席してきました。
当日は小雨模様の中、式典会場であるカルポートに15時過ぎに着きました。

式典はすでに始まっていて、すでにオープニングセレモニーは終わっていました。
まず、JCのセレモニーを終え、来賓者の紹介が延々と続きます。

カルポートの大ホールが一階席と二階席がほぼ埋め尽くされていますから優に1,000人は来場されているのではないでしょうか。

来賓の方も非常に多く、紹介も大変です。

さて、崎田理事長の挨拶が始まりました。
崎田理事長はこの一年くらいで、スピーチが上手になりました。
好感が持てます。

崎田挨拶

続いて来賓祝辞です。
日本青年会議所副会頭の鈴木和也君です。

来賓挨拶

次に歴代理事長の挨拶です。
50周年の時の理事長だった宮地貴嗣君です。

歴代理事長挨拶

次にスポンサーJCである岡山青年会議所に感謝状が贈られました。

スポンサーJC感謝状

続いて、記念事業の紹介がありました。
高木俊君と佐竹礼有君です。
ここまで持ってくるのに大変だったことでしょう。
でも、本番はこれからです。
これ以上雨が強くならないように願うばかりです。

土佐風土祭り

式典も無事終了し、後は懇親会に向かうだけです。
スポンサーサイト




03:32:35
9月3日(火)に大阪では、有名なBAR、 Besoが香港に移転するので、最後にBAR Besoで飲みたいと思い大阪に行くことにしました。

当日は高知は少し雨模様でしたが、何軒か行きたい店もあったので16時頃車で出発しました。
普通だと高知から大阪まで車だと3時間半くらいでしょうか。

途中徳島高速道を入ってから土砂降りの大雨に見舞われ、思うように進めもせん。
途中、なんと徳島道、淡路島、阪神高速の三カ所で事故に遭遇してしまい、渋滞に巻き込まれ、これまた中々進めません。

やったと思いで大阪に着いたのは、22時近くでした。

思わず時間がかかってしまい、ちょっと涙目。(>_<)

でも、気を取り直して、まずは古くからの友人で大阪市北区本庄東でmojito 7 BARを経営しているアモーレ八木こと八木ちゃんのお店に行くことにしました。

今日は待ち合わせをして二人で、佐藤章喜君のBssoに訪ねようと計画していました。

北新地から、タクシーで10分位で付きました。

古い商店街の一角にあります。
150x150_square_19372041.jpg



05:36:23
8月25日、NBA徳島支部主催のすだちカクテルコンペティションに参加してきました。
当日は小雨模様の中、昼の12時頃、四万十支部の方2名を含め、総勢6名で徳島に向かいました。

会場はJR徳島駅前アミコビル・シビックセンター4F多目的ホールです。生憎の小雨模様で野外でのイベントは館内に変更されていました。

残念!

でも、徳島支部のパッションがヒシヒシと伝わってきます。

若干時間に遅れたため、途中からの観戦となりました。

さて、写真を撮ろうと思った瞬間、メモリーカードが入ってないことに築き(>_<)、あたふたとカメラ屋に走るアクシデントに見舞われましたが、気を取り直して観戦しました。

コンペ方式は非常にユニークでした。
自分でプレゼンテーションしながら、演技を行うというものでした。

選手にとっては、おそらく初めての経験でしょう。
コスチュームもフリーで選手の皆さん、中々凝っています。

中でも、度肝を抜かれたのはペンギンの着ぐるみで登場した池袋支部の高橋司選手です。

高橋

何という出で立ち、最高のパフォーマンスで会場からもどよめきが起こります。
でも、シェーキングは中々、堂に入ったものでした。

高橋2

のっけから、このコンペのユニークさに圧倒されます。



01:11:49
さて、今日は7月28日放映の半沢直樹からお酒のシーンを見てみましょう。

半沢3タイトル

まずは大阪西支店長浅野 匡(あさのただす)こと石丸幹二と人事次長小木曽(おぎそ)こと緋田康人の料亭での密会シーンからです。

この撮影場所は埼玉県さいたま市浦和にある料亭 玉屋です。
ここは、400坪の敷地に5室だけの個室と和の庭園が有名で昭和弐年創業の会席料理の老舗です。

日本酒を飲んでいるのは分かりますが、銘柄までは分かりません。

さて、ここで上司である浅野から小木曽に酒を勧めています。
通常、これを献杯(上の立場のものから、下のものに次ぐ)と言いますが、我が高知ではこれを返杯と言います。

独特の観念から、他県とはまったく真逆になります。
高知の返杯が独特だと言われるのはこういう背景があります。

半沢3料亭1

今度は小木曽から浅野にお酒を注いでいます。
これを通常は返杯と言いますが、高知ではこれを献杯と言います。

高知の献杯と返杯については改めてご紹介したいと思います。

献杯

プロフィール

塩田 貴志

Author:塩田 貴志
地元高知でオーセンティック・
バーを経営する、高知と龍馬
さんが大好きな、熟年世代の
オーナーバーテンダーです。

Craps
高知県高知市帯屋町1-2-8
℡ 088-824-2771

バーナビ紹介

アクセス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ